HOME  >  当協会の特長

当協会の特長

ユーザーと共に、心を育てるトレーニング。

当協会ではユーザー自身の手で介助犬を育てることを大切にしています。ユーザーと介助犬が、早い段階で一緒に訓練をはじめることで強い絆で結ばれた介助犬を育てることができます。ユーザーの方が望む動作をその都度オリジナルトレーニングとして組みこんでいます。ユーザーに本当に喜ばれる介助犬が育っています。
介助犬をご希望の方、介助犬について知りたい方も、ぜひお気軽にご相談ください。お問い合わせメールはこちらから!

介助犬育成方法の比較

一般的な訓練事業者の場合

  • 貸与犬
  • 里親のもとで育成
  • 事業者のもとで訓練
  • 合同訓練
  • ユーザーに貸与
  • 認定へ

社会福祉法人 日本介助犬福祉協会の場合

  • 貸与犬
  • 子犬の頃からユーザーに貸与&トレーナーが訪問してサポート
  • 継続的なサポートのもとユーザーによる訓練・育成
  • 認定へ
  • 所有犬
  • トレーナーが適性や介助動作を検討
  • 子犬の頃からトレーナーが訪問、または協会に来て頂きサポート
  • 継続的なサポートのもとユーザーによる訓練・育成
  • 認定へ

「自分の介助犬は自分で育てよう」 をスローガンに

イメージ当協会は、「自分の介助犬は自分で育てよう」という考え方のもとで育成活動を行ってまいりました。
専門家ではない、体の不自由なユーザーが犬を訓練するのは非常に大変なことです。そのためトレーナーのサポートは訓練犬だけでなくユーザーの方に対してもきめ細かく行われます。それでも当協会から卒業していったユーザーの方々は、他人にはとても想像できない困難に向き合いました。壁を乗り越えた先に広がる世界は、やはり想像の及ばないほど大きいものとなります。
それは、「介助犬とともに自立できる」という自信――。
私たちは、その輝くような笑顔に支えられて、ここまで信念を貫いてきました。一人でも多くの方に素晴らしい一歩を踏み出していただけるよう、これからもサポート体制を整えていきます。

ページトップへ

自分で育てる3つのメリット

自分にもっとも合った介助犬を育成できる

しょうがいはお一人おひとり違いますので、介助犬の仕事もユーザーによって大きく異なります。コマンド(指示)の出し方も、言語にしょうがいがあれば独特のものになります。ユーザー自身でトレーニングすることで、自分に一番合った介助犬を育てることができます。

心の通じ合った所有犬を介助犬に育成できる

自分で飼っている犬を介助犬に訓練することが可能です。私たちは、介助犬の動作や形を教えるのではなく、心を育てています。ユーザーの役に立ちたい心がすでに育まれている愛犬は、もっとも介助犬にふさわしい存在なのです。当協会では、比較的適性が高いといわれているラブラドール・レトリーバーだけでなくシェパード、シェルティなどのほか、小型犬のパピヨンも介助犬になりました。

認定後もトレーニング修正ができる

訓練終了後に、生活習慣の変更等で介助動作を変えたくなるケースは少なくありません。そんな場合もユーザー自身で再訓練を行えるため、大変効率的です。また将来、介助犬トレーナーとしての資格取得を目指す方へのサポートも行っています。

ページトップへ

“幸福だから役に立ちたい”介助犬の心

イメージ
18歳まで介助した国産介助犬第1号“グレーデル君”

当協会では、介助犬としての基本動作を教えることはもちろん大切ですが、より大事なのは犬自身が介助犬としての自覚を持って、人に世話を焼くことを楽しむことだと考えています。
そのために一番大切なのは犬の幸せです。一人の人、家族、仲間とともに生きることだと考えています。生涯をともに過ごせる安心感、幸福感が、介助犬たち自ら、人のお手伝いをしたいという心の育成につながっていきます。

犬と人との絆を大切に

子犬を、生後12カ月ぐらいまで一般家庭で育てたのちに引き取る「パピーレイザー制度」を取り入れている団体はたくさんありますが、私たちは子犬の頃からユーザーのもとで生活する方法をとっています。愛する人から引き離された経験をしていない子犬は、満ち足りて安定感のある介助犬に成長します。

不適正犬ゼロを目指して

リジェクト犬とは、訓練途中で適性なしと判断された犬のことです。私たちは、介助犬の心を育てる教育方法を実践しているので、ほとんどの犬が適性をもつと考えています。チャレンジを続ける心がある限り、私たちは最後まで訓練サポートを継続します。

犬が犬を育てる心づくり

当協会のデモンストレーション犬は、デモンストレーション専門に介助動作を身につけたプロフェッショナルです。10~40種類の動作をバランスよく身につけていて「介助犬によってこんなことができるようになるんだ」という確かな可能性を見せてくれる技術と、訓練犬に自らお手本を示し教えようとする心をもっています。

ページトップへ

掲載記事、写真などの無断転用を禁じます。すべての著作権は社会福祉法人 日本介助犬福祉協会に帰属します。