HOME  >  介助犬とは

介助犬とは

介助犬は、体にしょうがいを持つ方の
手助けをする大切なパートナー。

介助犬(補助犬)は、体にしょうがいを持つ方の手助けをする大切なパートナー。
愛玩動物として飼われている家庭犬とは違い、専門の介助動作を身につけたプロフェッショナルなのです。介助犬をご希望の方、介助犬について知りたい方も、ぜひお気軽にご相談ください。お問い合わせメールはこちらから!

介助犬について知ろう!

介助犬の役割は、肢体不自由者の日常生活をサポートすること。

介助犬(補助犬)が行える作業は、ドアの開閉、携帯電話やテレビのリモコンなど特定の物を手元に持ってくる、車いすをひく、起き上がったり車いすへ移ったりする際の支えなど多岐に渡ります。指先に力が入りにくいユーザーのために、ペットボトルを開けたり、割箸を割ったりする手作業の介助も。24時間そばにいて、手足となって働く介助犬(補助犬)。文字通りユーザーの体の一部というべき重要な存在です。
※介助犬(補助犬)は、全ての介助動作ができる訳ではありません。ユーザーの障害内容に合わせて介助動作を専用に習得します。

主な介助動作
  • 物の拾い上げ
  • 上体おこし
  • 物の運搬
  • ドアの開閉
  • ベッドへの移動介助
  • ペットボトルのふたを開ける
  • 特定の物を手元に持ってくる
  • 割り箸を割る
  • 衣服や靴を脱ぐ介助
  • コンビニおにぎりを開ける
その他の介助動作

・階段昇降の介助  /・車いすを近くに寄せる  /・歩行介助と姿勢維持  /・車いすの牽引  / ・緊急時の連絡手段の確保  /・お菓子等のフタ開け  /・上着を脱がせる  /・靴下を脱がせる  / ・冷蔵庫からペットボトルを持ってくる。  /・ユーザーの要望に応じた介助動作

育成費用は、1頭あたり約300万円以上。

介助犬(補助犬)は身につけるべき動作や学習が、ユーザーによって大きく異なるために、それぞれに適した特別なトレーニングが必要です。介助犬はユーザーに無償で貸与されますので、ほとんどが皆様の寄付や賛助会員費に支えられています。

ページトップへ

世界の介助犬、日本の介助犬

欧米と日本ではケタ違いの実働数

イメージ欧米における介助犬(補助犬)の数を日本と比べてみると、その開きの大きさに驚かされます。数が少なく認知度が低いために、日本ではいまだに入店を拒否されたり、苦情の対象になったりすることも事実です。これからもなお一層の普及活動が必要とされています。

介助犬(補助犬)に関する比較表

日    本 アメリカ イギリス
頭     数 74頭(2015/12/1現在) 2,000頭以上 1,000頭以上
歴     史 1995年~ 1970年後半~ 1980年後半~
法 制 度 身体障害者補助犬法 アメリカ人障害者人権法
(1990年)
障害者差別禁止法
(1995年)
認 知 度 低い。
しばしば入店トラブルも。
高い。
公共の場に同伴できる。
高い。
公共の場に同伴できる。

ページトップへ

ご存じですか?身体障害者補助犬法

イメージ身体障害者補助犬法は、体にしょうがいを持つ人が補助犬(介助犬、盲導犬、聴導犬)を同伴して社会参加できるよう、支援するための法律です。介助犬は法的に認められた存在であり、ユーザーは次のような権利と義務を有します。

権利
  • 介助犬(補助犬)を同伴して公共施設や公共交通機関をどこでも利用できます。
  • ホテルやレストランなど不特定多数の人が利用する民間施設に同伴できます。
  • 一定以上の規模をもつ(常勤従業員56人以上)仕事場に同伴できます。
義務
  • 介助犬(補助犬)であることがわかるようベストを着せ、求められればすぐに身体障害者補助犬管理手帳、身体障害者補助犬認定手帳を提示します。(身体障害者補助犬法第十二条第一項に規定)
  • 介助犬(補助犬)とともに、厚生労働大臣が指定する法人が行う認定試験に合格する必要があります。
さらに…
  • 各都道府県や主要な市に、補助犬トラブルに対応する相談窓口が設置されています。

日本の介助犬を取り巻く環境

介助犬の実働数 介助犬訓練事業者の数 介助犬を認定できる厚生労働大臣指定法人の数
74 24団体 7 団体

(平成27年12月1日現在・厚生労働省HPより)

ページトップへ

街で見かける「ほじょ犬」マーク

「ほじょ犬」マークほじょ犬=補助犬は、介助犬、盲導犬、聴導犬の総称です。介助犬の他、盲導犬は目の不自由な方の安全な歩行をサポートし、聴導犬や、耳の不自由な方に車や電話の音を知らせる役割を果たします。「ほじょ犬」マークは、施設などへの補助犬の同伴を積極的に受け入れていることを示す、厚生労働省認定のマークです。

「ほじょ犬」マーク当協会オリジナルの入店シールです。
この入店シールは郵政事業株式会社 平成22年度動物愛護寄附金配分事業によって製作されました。
ご希望の方に無償でお配りしています。

 

募金箱設置店募集中

ココからかんたん募金

掲載記事、写真などの無断転用を禁じます。すべての著作権は社会福祉法人 日本介助犬福祉協会に帰属します。